トップページ > 神奈川県

    このページでは神奈川県でカスタムカーの査定額が比較できるおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「カスタムカーの買取相場をチェックして高く買い取りをしてくれる神奈川県の業者に売りたい!」ということを考えているならこのページで紹介しているオススメの車買取業者を利用してみてください。

    カスタムカーを高く査定してもらうために大切なことは「神奈川県にある何社かの車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社のみとか近隣のディーラーで下取りを頼もうと思っている場合は間違いなく損をするのでやめておきましょう。

    車一括査定なら2分位で入力できるのでとてもシンプルです。神奈川県にある複数の車買取会社からの査定額を比較できるので、カスタムカー(改造車)の買取価格の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場を知る為の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーと言うくらい知られているので安心感も抜群です。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的な加盟数!最大50社までカスタムカーの買取査定が可能です。

    中古車一括サービスは申し込むとたくさんの買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    もちろん、神奈川県対応で利用は無料。

    「できるだけ高く売りたいからカスタムカーの買取相場をチェックしたいけど、電話攻撃はちょっと…」という場合はメールのやりとりで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが所有しているカスタムカーの買取相場が表示されるうえに、個人情報が他社に渡らないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという車買取業界では新しいサイト。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札金額を提示するので、あなたの時間とお金をかけて仕上げたカスタムカーを神奈川県で高額買取してくれる業者がすぐに見つかります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用すると複数社から見積もりの営業電話があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話は1社からのみなので、電話対応に時間を取られることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    カスタムカーの実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    電話も査定も1回のみで約2000社の車買取業者が入札で買取価格を表示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車一括査定サービス。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みと同時に中古車の概算買取相場が表示されるので、「簡単に自分が乗ってるカスタムカーの買取相場が知りたい」と思っているならおすすめします。

    依頼申し込み後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した厳選された業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取業者から電話連絡があった際は1社だけで即決せずに、神奈川県に対応している複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちのカスタムカーでも高く買い取ってもらうことができます。

    最大で10社がカスタムカーの買取査定をしてくれるため、一番高い金額を提示してくれた買取店にあなたの愛車のカスタムカーを売却しましょう






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の概算価格が表示される有名な車買取一括サービス。
    提携している企業は約200社もあり、複数の業者があなたのカスタムカーの査定額を提示します。

    いくつもの車買取業者に査定依頼をすることで買取業者ごとの査定額を比較することができるので、神奈川県に対応している複数業者に査定のお願いをして数年間大切にしてきたカスタムカーをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポート体制も充実していますので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名称から分かる通り外車専門の外車買取店です。
    17年間、外車・輸入車を専門に買い取っており、年間の取扱車両は輸入車だけで約1500台。もちろん、神奈川県対応で出張査定も無料です。

    外車王は外車を専門とした中古車の買取業者なので、外車のカスタムカーであれば日本車メインの買取店より高額買取が実現することも多いです。
    ですので、外車のカスタムカーであればまずはランキング上位の車買取一括査定サイトを利用して買取査定額をチェックしてみてください。

    いろいろな買取専門業者に見てもらった後で、最終的に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高い査定額を提示してくれた時にはあなたが大事に乗ってきたカスタムカーを売却しましょう。






    車買取コラム

    中古車の査定価格には、車体の色もかなりの比率で関係してきます。

    白や黒は定番色で、どんな時も需要が安定しているので、査定に良い印象を与えるケースが大半でしょう。

    それとは逆に赤や黄色などの原色系は好みがハッキリと分かれる傾向があるので、定番カラーよりも査定額がマイナスされる傾向が強いと言えるでしょう。

    しかしながら、中古車の査定価格は査定時点でのオークションの相場により上下しますので、人気のある特定のボディーカラーに幾らか査定金額が高く付くこともあるでしょう。

    所有する車を手放そうとする際に、車検が1年と1ヶ月以上残っているならば、買取店舗によっても幾らか変わるでしょうが、約数万円程度のプラス査定になるでしょう。

    車検が残り1年以下の場合には車検までの残りがあったとしても見積もりに影響しません。

    車検までの期間が長い方がプラス査定になるからと言って、実際に売買する直前に車検を通しても事前に車検をするのにかかったコスト以上の金額が見積価格に上乗せされることはないので、あらかじめ車検を実施してから売却するのは無駄だと言えるでしょう。

    現実的に中古車買取店巡りをしなくても、同時に複数の会社の査定金額を比べることが可能なのが、インターネットを利用した一括査定サイトの利点です。

    時間的余裕がない人でも、複数の査定がいっぺんに出来てしまうのは素晴らしいですね。

    ただし、査定の申し込みを多数の企業にお願いしているから、致し方ない面もあるのですが、多くの業者から次々電話連絡が来ることになるでしょう。

    業者からの電話にほとほと嫌気が差したり、単なる査定だけでは済まされない雰囲気で売却を迫る会社がある欠点があるので注意が必要です。

    いままで乗っていた車を売却すると、一時的に(次の車が納車されるまで)車が使えない期間が生じるおそれがあります。

    なければないなりに過ごせる人はいいのですが、車がないと困る人はかわりに代車を手配してもらわなければなりません。

    しかしながら代車の手配というのは、どこの中古車買取業者でも受けてくれるというものではありません。

    次の車の納車まで間が空きそうなら、買取査定をお願いする時に代車手配が可能かどうか業者に確認しておきましょう。

    修理しようもない状態になった車は全損扱いになりますが、同じ全損にも2通りあります。

    物理的全損といって修理すら出来ないお手上げ状態が1つめで、あとひとつは修理費が車両保険で賄えない状態になってしまった経済的全損です。

    事故などの際、車両保険から支払われる額は、加入時に決まるのではなく市場評価額ベースで変化していきます。

    自動車保険を扱う会社はJAAI発行の冊子をベースに相場の現況を知るようにしています。

    実際の価格と違うように感じたら、実際例を示して交渉してみるのもありです。

    車の売却時にまだローンが残った状態だと、完済してからでなければ車は売れません。

    なぜなら返済中の車はローン会社のものであり、名義もローン会社であることが普通だからです。

    売却にあたっては残りのローンをすべて払えるのであれば何の支障もありませんが、不可能であれば無理をせず、買取額を使って残りの精算に回すという手段もあります。

    もっともそれはローン会社が認めた場合だけであって、もし可能でも残債がないときと比べると手続きは複雑です。

    車の査定をしてもらいたいと思ったら、買い取りを行っている店舗に車を持ち込むか、あるいはあらかじめ予約した時間に家まで来てもらうやり方とがあります。

    周囲には車の査定が来ていることが一目瞭然ですが、それさえ我慢できれば高額査定になりやすいという点で出張査定は利用者には有利です。

    自分で業者に持ち込むと1店ずつしか回れませんが、出張査定なら一度にたくさんの業者に査定に来てもらえますから、同業他社と査定額を争うことになり、売却価格がアップするわけです。

    車の売却をするうえで、車検の有効期間が丸々残っているような場合には、プラスの査定になると考えて良いです。

    しかし、残りの期間が一年以内になってくると車の評価額も目減りしていき、残りの有効期間が半年を切るようになってしまうと査定金額に上乗せされることはなくなってきます。

    そうはいっても、見積金額を高くしようと考えて売却前に車検を通す必要性は低いのです。

    二年近く車検の有効期間が残っていたとしても、査定額アップの分が車検を通す費用以上に高くなる事は望めないのです。

    最近よく目にするようになったネット上の中古車一括査定サイトは、車を売却する際には大変有用な手段のひとつです。

    無料の中古車一括査定サイトに申し込むとその直後から一気にたくさんの営業電話がかかってきますが、不要な買取会社へは「すでに売却済みです」と言ってしまうことでひどい電話攻撃も和らぐでしょう。

    愛車を高く見積もってくれたいくつかの会社に絞り込んで、実査定を受けてみましょう。

    そうは言っても、見積額の相場よりあまりにも高いような業者は結局何か問題があったなどと言って、後から査定額を下げてくるかも知れませんので注意しましょう。