トップページ > 東京都

    このページでは東京都でカスタムカーの査定額が比較できるおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「カスタムカーの買取相場をチェックして高く買い取りをしてくれる東京都の業者に売りたい!」ということを考えているならこのページで紹介しているオススメの車買取業者を利用してみてください。

    カスタムカーを高く査定してもらうために大切なことは「東京都にある何社かの車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社のみとか近隣のディーラーで下取りを頼もうと思っている場合は間違いなく損をするのでやめておきましょう。

    車一括査定なら2分位で入力できるのでとてもシンプルです。東京都にある複数の車買取会社からの査定額を比較できるので、カスタムカー(改造車)の買取価格の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場を知る為の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーと言うくらい知られているので安心感も抜群です。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的な加盟数!最大50社までカスタムカーの買取査定が可能です。

    中古車一括サービスは申し込むとたくさんの買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    もちろん、東京都対応で利用は無料。

    「できるだけ高く売りたいからカスタムカーの買取相場をチェックしたいけど、電話攻撃はちょっと…」という場合はメールのやりとりで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが所有しているカスタムカーの買取相場が表示されるうえに、個人情報が他社に渡らないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという車買取業界では新しいサイト。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札金額を提示するので、あなたの時間とお金をかけて仕上げたカスタムカーを東京都で高額買取してくれる業者がすぐに見つかります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用すると複数社から見積もりの営業電話があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話は1社からのみなので、電話対応に時間を取られることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    カスタムカーの実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    電話も査定も1回のみで約2000社の車買取業者が入札で買取価格を表示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車一括査定サービス。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みと同時に中古車の概算買取相場が表示されるので、「簡単に自分が乗ってるカスタムカーの買取相場が知りたい」と思っているならおすすめします。

    依頼申し込み後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した厳選された業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取業者から電話連絡があった際は1社だけで即決せずに、東京都に対応している複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちのカスタムカーでも高く買い取ってもらうことができます。

    最大で10社がカスタムカーの買取査定をしてくれるため、一番高い金額を提示してくれた買取店にあなたの愛車のカスタムカーを売却しましょう






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の概算価格が表示される有名な車買取一括サービス。
    提携している企業は約200社もあり、複数の業者があなたのカスタムカーの査定額を提示します。

    いくつもの車買取業者に査定依頼をすることで買取業者ごとの査定額を比較することができるので、東京都に対応している複数業者に査定のお願いをして数年間大切にしてきたカスタムカーをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポート体制も充実していますので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名称から分かる通り外車専門の外車買取店です。
    17年間、外車・輸入車を専門に買い取っており、年間の取扱車両は輸入車だけで約1500台。もちろん、東京都対応で出張査定も無料です。

    外車王は外車を専門とした中古車の買取業者なので、外車のカスタムカーであれば日本車メインの買取店より高額買取が実現することも多いです。
    ですので、外車のカスタムカーであればまずはランキング上位の車買取一括査定サイトを利用して買取査定額をチェックしてみてください。

    いろいろな買取専門業者に見てもらった後で、最終的に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高い査定額を提示してくれた時にはあなたが大事に乗ってきたカスタムカーを売却しましょう。






    車買取コラム

    一般的に言って、事故車と呼ばれている「修理歴車」は、査定額が大幅にマイナスになる原因の一種になってしまうのです。

    しかしながら、修理歴のある車が全部同様に修理歴車として見積もりされることにはなりません。

    車のいわゆる骨格に相当する部分にまで修理が及んでいなければ、ドアやボンネットなどを板金塗装してあったりしても通常の修理歴車扱いにはなりません。

    ただ、「修理歴車」として扱われなくても、以前板金などを行って修理したことがある車は査定の際にマイナスされる可能性が高いです。

    買取希望の車のボディーにへこみなどがあるケースでは低い査定金額を提示されることがほとんどです。

    だからといって、査定額がマイナスにならないように事前に自ら直そうとするのはあまりお勧めできません。

    個人で修復したからといっても、修理に要した費用以上に見積もりの額が高くなるケースは大変少ないといって良いでしょう。

    自分で直そうとするよりも、中古車買取成立後に、買取業者の方で提携先の修理会社に依頼した方が修理費用を低くできてしまうから、買取金額をアップしてくれる可能性は低いのです。

    複数の査定業者から見積もりを出してもらうことを俗に相見積もりといいます。

    相見積もりを自宅などに居ながらにして出来るのが、インターネット上の中古車一括査定サイトです。

    それに加えて、相見積もりという言葉の意味には、同じ時間に複数の中古自動車査定士に売却希望車を実際に見積もってもらって、皆で一様に査定額を提示してもらうというケースもこれに相当します。

    買取業者の中には相見積もりを嫌がるところもありますが、多くの店舗で相見積もりが可能なはずですよ。

    消費(購入)が専門と思われがちな国民生活センターですが、中古自動車に関連した不満やトラブルの報告があがってきます。

    最近では買取に伴う相談電話が増え続け、減ることがありません。

    内容的に多いのは、ネットの一括見積りサイトを通じて査定依頼したら、電話勧誘が鳴り止まない、契約するまで帰らないと言われ、押しきられる形で不本意な契約をしたといったものです。

    泣き寝入りすることのないよう、トラブルに遭ったら、契約のトラブル等を専門に受け付けるホットラインなどで相談してみるのが大事です。

    諦めてはいけません。

    時間に関係なく気が向いた時にできるのがインターネットの良さですが、中古車の査定依頼もウェブだったら簡単にできてしまいます。

    いくつかの業者の見積りを短い時間で手に入れることができるので、比較検討が格段にラクになります。

    しかしそれにはデメリットもあるようです。

    ネットだからと時間を気にせず査定依頼の登録をすると、夜間受付や24時間OKという業者から夜中にもかかわらず連絡先の電話番号に電話がかかってきて家族中が迷惑したという声もあります。

    仕事時間にかかってきて困るという人もいますし、家の電話や仕事先の電話は登録しないほうが無難です。

    普通の中古車屋の場合、買取査定は無償というところが圧倒的に多いです。

    しかしながら買い替えでディーラーによる下取りが行われる場合には、つい下取り額にばかり目がいって、査定代のほうまで気が回らないことがあります。

    ディーラーでは査定代は下取額と相殺する形になるので現金での支払いは発生しませんが、業者の無料査定を経験した人ほど本来確認すべきことが疎かになってしまうため、安易に契約せず、査定にかかる費用はいくらかかるのかあらかじめ確かめておくようにしましょう。

    有料だからといって悪いわけではありませんが、知っていれば交渉によって下取額の増額や手数料の無償化も期待できるからです。

    親戚や家族が所有者として登録されている車も要件さえ整えば売却できます。

    一般的な契約で必要とされる書類のほか、この場合は書類上の所有者の方の印鑑証明と、実印を押した委任状に、それから譲渡証明書も必ず必要ですが、押印漏れのないように気をつけてください。

    案外多い例ですが、相続のように故人名義となっているときは、譲渡証明書も委任状も書けませんし、そもそも印鑑登録も無効です。

    このような場合は、運輸支局で移転登録を済ませ、車が新たな所有者のものとなった時点で売却が可能になります。

    状況次第で要求される書類は異なりますが、故人所有の車の場合はかなり手間がかかると考えて間違いありません。

    大変重要なことなのですが、契約書の文章をよく読んで内容を充分に理解することは、何も自動車の売り買いに関したことだけではなくてどんな売買をするときにもとても大切な事柄です。

    署名して印鑑を押した以上、契約書の内容は全部法律的な効力を持ったことになるのです。

    契約書に書かれている自動車の状態は正しいか、金銭面で分かりにくい箇所はないか、充分に丁寧にみていくことが大切です。

    ちょっとでも不安を感じたら納得するまでスタッフに質問することも重要になってきます。

    自分が所有している車を買い取ってもらって、直後に売却金を受け取りたい場合には、売却金を即金対応してくれる業者を探しましょう。

    大きく即金対応可能と宣伝している業者ばかりでなく、売却金を即金でもらいたいと相談すれば実現する場合もあるでしょう。

    でも、即金対応してもらう場合には、足元を見られることになって査定額も低く提示されても仕方ないかもしれません。

    即金対応を重要視するのか少しでも高く売るか、優先順位はどちらが上なのかを判断して、少しでも高く売りたいなら即金対応にこだわってしまうのはあまり良い傾向とは言えないでしょう。