トップページ > 東京都

    このページでは東京都でカスタムカーの査定額が比較できるおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「カスタムカーの買取相場をチェックして高く買い取りをしてくれる東京都の業者に売りたい!」ということを考えているならこのページで紹介しているオススメの車買取業者を利用してみてください。

    カスタムカーを高く査定してもらうために大切なことは「東京都にある何社かの車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社のみとか近隣のディーラーで下取りを頼もうと思っている場合は間違いなく損をするのでやめておきましょう。

    車一括査定なら2分位で入力できるのでとてもシンプルです。東京都にある複数の車買取会社からの査定額を比較できるので、カスタムカー(改造車)の買取価格の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場を知る為の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーと言うくらい知られているので安心感も抜群です。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的な加盟数!最大50社までカスタムカーの買取査定が可能です。

    中古車一括サービスは申し込むとたくさんの買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    もちろん、東京都対応で利用は無料。

    「できるだけ高く売りたいからカスタムカーの買取相場をチェックしたいけど、電話攻撃はちょっと…」という場合はメールのやりとりで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが所有しているカスタムカーの買取相場が表示されるうえに、個人情報が他社に渡らないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという車買取業界では新しいサイト。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札金額を提示するので、あなたの時間とお金をかけて仕上げたカスタムカーを東京都で高額買取してくれる業者がすぐに見つかります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用すると複数社から見積もりの営業電話があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話は1社からのみなので、電話対応に時間を取られることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    カスタムカーの実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    電話も査定も1回のみで約2000社の車買取業者が入札で買取価格を表示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車一括査定サービス。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みと同時に中古車の概算買取相場が表示されるので、「簡単に自分が乗ってるカスタムカーの買取相場が知りたい」と思っているならおすすめします。

    依頼申し込み後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した厳選された業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取業者から電話連絡があった際は1社だけで即決せずに、東京都に対応している複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちのカスタムカーでも高く買い取ってもらうことができます。

    最大で10社がカスタムカーの買取査定をしてくれるため、一番高い金額を提示してくれた買取店にあなたの愛車のカスタムカーを売却しましょう






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の概算価格が表示される有名な車買取一括サービス。
    提携している企業は約200社もあり、複数の業者があなたのカスタムカーの査定額を提示します。

    いくつもの車買取業者に査定依頼をすることで買取業者ごとの査定額を比較することができるので、東京都に対応している複数業者に査定のお願いをして数年間大切にしてきたカスタムカーをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポート体制も充実していますので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名称から分かる通り外車専門の外車買取店です。
    17年間、外車・輸入車を専門に買い取っており、年間の取扱車両は輸入車だけで約1500台。もちろん、東京都対応で出張査定も無料です。

    外車王は外車を専門とした中古車の買取業者なので、外車のカスタムカーであれば日本車メインの買取店より高額買取が実現することも多いです。
    ですので、外車のカスタムカーであればまずはランキング上位の車買取一括査定サイトを利用して買取査定額をチェックしてみてください。

    いろいろな買取専門業者に見てもらった後で、最終的に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高い査定額を提示してくれた時にはあなたが大事に乗ってきたカスタムカーを売却しましょう。






    車買取コラム

    プロの腕前の査定士には簡単な嘘はあっと言う間にバレてしまいますよ。

    本当のところは事故車や修理歴のある車であるのに、低く査定されるのを恐れてそんなことはないと言ったとしても嘘は調べれば分かるものです。

    それに、嘘をついたことが原因で査定担当者と信頼関係を築こうとしてももう手遅れです。

    結果的に、厳しい見積額を提示される可能性が存分に考えられるので、査定する車の状態については隠し立てしないようにした方が良いですね。

    中古車の査定価格には、車体の色もかなりの比率で関係してきます。

    黒や白の定番カラーは常時需要が安定しているために、プラスの査定になることが多いでしょう。

    逆にビビットカラーの赤や黄色などは人によって好みが分かれてしまうので、査定時にマイナスされる傾向が出てきます。

    しかしながら、中古車の査定価格は査定時点でのオークションの相場によりけりなので、その流行のタイミングによっては一定のカラーが査定で高値が付くことも充分考えられるのです。

    ほとんどの中古車販売業者は良心的ですが、その数は多くないのですが、中古車買取店舗の中には悪質なものも存在しています。

    手口の例としては、見積もりを申し込む時に、「見積もりを出した後で直ぐ車を運んでも良いならば価格アップしましょう」などと言われて、車の即時明け渡しを半ば強制されて、車を引き取ったは良いが料金は支払われずに、連絡先もなくなっているという詐欺の手法が存在します。

    所定の契約手続きをしないでせかせかと車を持っていこうとする会社は特に注意した方が良いでしょう。

    一般に乗用車というのは初年度の登録から数えて、何年落ちといった言い方をするものです。

    その場合、製造年は無関係で、あくまでも初度登録年から数えますから、わからなくなったら車検証を見てみましょう。

    年式の古い車は査定額が落ちるのが普通で、10年目からは元の価格とは比べ物にならないほど安くなってしまいます。

    売る方にすれば気の毒な話ですが、いざ購入する立場で見てみると、10年落ちでも充分にメンテナンスされた車があれば、激安で高級車を手に入れることもできるわけです。

    車を買い取ってほしいからと買取店に自分で持ち込んで当日中に査定してもらいたい時は、繁忙期などは待たされることはあるかもしれませんが、予約は要りません。

    ただ、飛び込み査定のときは比較対象となる他社見積りもなければ、提示された価格を「安い」「高い」と判定する基準もありません。

    ですから相場より安い価格で買い取られても気づかない可能性が高いのです。

    スピード重視ならそれもありかもしれませんが、本来は複数の業者に出張査定してもらい、多くの見積りをとるほうが愛車を高く売ることができるのは間違いありません。

    壊れて修理不能な車は「全損」という扱いになるのですが、一口に全損といっても2種類に大別できます。

    修理屋がさじを投げた物理的全損がまずあって、2つ目は保険の支払額で修理費をカバーしきれない経済的全損でしょう。

    普通、保険会社から支払われる給付金の額は、生命保険のように確定しているものではなく、その時の市場の評価額を元に算定されます。

    JAAI(日本自動車査定協会)が発行するデータブックを使い、保険会社は市場の相場を把握しています。

    実際の価格と違うように感じたら、きちんとした説明を求めるべきですし、改善してもらう点でもあります。

    一般的に自動車業界が考慮する走行距離のスタンダードは年間で1万キロメートルとなっています。

    但し、この数値はあくまで目安ですから、年式が旧型ならば1年間の走行距離数は幾分短く考えられるものです。

    車を買い取りに出す場合にはなるべく走行距離が少ない方が査定額は高くなります。

    走行距離が少ない方が良いのですが、車の機械の一種ですから定期的に乗らないとかえって何かしら不具合が生じやすいものなのです。

    その車の年式に対し走行距離数があまりにも短い場合には、車を査定するときに大幅にプラスにならないというのを覚えておくと良いかも知れません。

    残っている期間によっても異なりますが、「車検」は査定金額に影響します。

    当たり前かも知れませんが、車検が切れてしまっている自動車よりも長期間の車検が残っている方が有利になります。

    でも、車検の残り期間が一年もないようだとそれほど見積金額に上乗せされることはないでしょう。

    車検切れが間近だと見積もりが下がるからと言って、車を手放す前に車検を通すようなことはしない方が良いでしょう。

    通常、車検を通すためのお金と査定時に上乗せされるお金とでは、車検を通すために必要な金額の方が断然高くなる事が多いのがその理由です。

    中古車の査定において、一度に多くの業者に予約を入れて出張査定に来てもらい、同時刻に一様に査定してもらうことを相見積もりと呼びます。

    相見積もりをしてもらうと何が得かというと、査定士同士の価格競争によって査定額の引き上げを狙えることです。

    買取業者の中には相見積もりをしたがらないところもありますが、相見積もりを快諾してくれる業者は購入意欲が高い会社が多いようで、業者間の査定額競争が厳しくなることを期待しても良いと言えますね。

    幾らかでも高く車を売るためには効果が高い方法といえますね。