トップページ > 北海道

    このページでは北海道でカスタムカーの査定額が比較できるおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「カスタムカーの買取相場をチェックして高く買い取りをしてくれる北海道の業者に売りたい!」ということを考えているならこのページで紹介しているオススメの車買取業者を利用してみてください。

    カスタムカーを高く査定してもらうために大切なことは「北海道にある何社かの車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社のみとか近隣のディーラーで下取りを頼もうと思っている場合は間違いなく損をするのでやめておきましょう。

    車一括査定なら2分位で入力できるのでとてもシンプルです。北海道にある複数の車買取会社からの査定額を比較できるので、カスタムカー(改造車)の買取価格の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場を知る為の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーと言うくらい知られているので安心感も抜群です。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的な加盟数!最大50社までカスタムカーの買取査定が可能です。

    中古車一括サービスは申し込むとたくさんの買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    もちろん、北海道対応で利用は無料。

    「できるだけ高く売りたいからカスタムカーの買取相場をチェックしたいけど、電話攻撃はちょっと…」という場合はメールのやりとりで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが所有しているカスタムカーの買取相場が表示されるうえに、個人情報が他社に渡らないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという車買取業界では新しいサイト。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札金額を提示するので、あなたの時間とお金をかけて仕上げたカスタムカーを北海道で高額買取してくれる業者がすぐに見つかります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用すると複数社から見積もりの営業電話があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話は1社からのみなので、電話対応に時間を取られることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    カスタムカーの実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    電話も査定も1回のみで約2000社の車買取業者が入札で買取価格を表示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車一括査定サービス。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みと同時に中古車の概算買取相場が表示されるので、「簡単に自分が乗ってるカスタムカーの買取相場が知りたい」と思っているならおすすめします。

    依頼申し込み後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した厳選された業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取業者から電話連絡があった際は1社だけで即決せずに、北海道に対応している複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちのカスタムカーでも高く買い取ってもらうことができます。

    最大で10社がカスタムカーの買取査定をしてくれるため、一番高い金額を提示してくれた買取店にあなたの愛車のカスタムカーを売却しましょう






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の概算価格が表示される有名な車買取一括サービス。
    提携している企業は約200社もあり、複数の業者があなたのカスタムカーの査定額を提示します。

    いくつもの車買取業者に査定依頼をすることで買取業者ごとの査定額を比較することができるので、北海道に対応している複数業者に査定のお願いをして数年間大切にしてきたカスタムカーをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポート体制も充実していますので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名称から分かる通り外車専門の外車買取店です。
    17年間、外車・輸入車を専門に買い取っており、年間の取扱車両は輸入車だけで約1500台。もちろん、北海道対応で出張査定も無料です。

    外車王は外車を専門とした中古車の買取業者なので、外車のカスタムカーであれば日本車メインの買取店より高額買取が実現することも多いです。
    ですので、外車のカスタムカーであればまずはランキング上位の車買取一括査定サイトを利用して買取査定額をチェックしてみてください。

    いろいろな買取専門業者に見てもらった後で、最終的に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高い査定額を提示してくれた時にはあなたが大事に乗ってきたカスタムカーを売却しましょう。






    車買取コラム

    ほとんどの中古車販売業者は良心的ですが、稀にしか見られない事でしょうが、中古車買取店舗の中には悪質なものも存在しています。

    手法の例を挙げるならば、見積もり申し込みの段階において、見積もりの後に車を持っていくことが可能ならば査定金額を高く出来ますなどと言われて、即時にその車を明け渡すように勧められて、車を引き取ったは良いが料金は支払われずに、もう連絡も付かなくなってしまうと言う詐欺の手法があるのです。

    一定の手続きを踏むことをしないでせかせかと車を持っていこうとする会社は特に注意した方が良いでしょう。

    ボディにキズやへこみがある場合にはマイナス査定されることが多いです。

    しかし、マイナス査定を避けようと前もって個人でへこみやキズを直すことは勧められません。

    個人で修復したからといっても、修理に要した費用以上にグッと査定金額がアップするとは思えないからです。

    売却予定の車を個人で修理するよりも、その中古車を引き取った後に、販売店の方で提携の修理業者にお願いした方が修理費用を低くできてしまうから、買取金額をアップしてくれる可能性は低いのです。

    車を買い取ってもらう際に起きる恐れのあるトラブルは幾つか存在しますが、その中にはとても悪質なものも存在します。

    査定額に納得して車を手放した後から、再チェックで問題箇所が出てきたからなどと理由を付けて買取金額を低くされることもあるのです。

    売却金額を下げられるより酷いケースでは、自分の車だけ取られてお金が入ってこないケースも実際にあるのです。

    これらのような質の悪いケースに巻き込まれたら、何はともあれ消費者生活センターなどの相談機関に出向くようにしてみましょう。

    出張査定を買取業者に依頼すると、査定が終わった業者はすぐにでも契約を迫ってくるでしょう。

    もし即決なら見積りに色をつけても良いといった熱心な営業が展開されますが、うまくはめられて即決することがないよう注意してください。

    買取りのための査定では、複数業者の査定額を比較するのが一番の高値を引き出すためのお約束です。

    複数の業者から見積りをとることを第一に考え、各社の金額を見比べた上で交渉しても遅くはありません。

    普段使っている車を売る際は、これから乗る予定の車が納車される日までの期間、車がないという状態になります。

    週末ドライバーならあまり気にならないかもしれませんが、仕事や通勤などで車が必須であれば必要に応じて代車を用意してもらうことになります。

    しかしながら代車の手配というのは、どこの中古車買取業者でも受けてくれるというものではありません。

    新しい車がいつ納入されるかにもよるでしょうが、必要になりそうなら、代車手配の有無については査定を申し込む前に一社ずつきちんと確認しておかなければなりません。

    売却を前提に業者に車の査定を申し込む場合、あらためて用意すべき書類等はないものの、業者が決まって売却するにあたっては、幾つかの書類を用意しなければなりません。

    役所の窓口でなければ印鑑証明書はとれませんし、婚姻による氏の変更や現住所と書類の住所が一致しない場合は必要に応じて提出書類が増えるので手間がかかります。

    業者は決まらなくても、売ると決心した段階であらかじめ書類を揃えておくと、売却手続きに要する時間を減らすことができます。

    単純に考えても、自動車を買いたい人がたくさんいる時期の方が、売却側にとっても高値取引のチャンスと言えるでしょう。

    需要の高まりと同時に供給も多くなければいけませんから、当然のように買取金額も上昇します。

    企業の決算月である3月と9月は通常よりもお店は車の販売に力を入れてきますから、交渉次第では買取額がアップする可能性が高いのです。

    さらに9月は、夏のボーナスが出てから時間も経っていないため車を購入する人が多くなりますから売却にも有利な時期です。

    中古車買取店の決算月やボーナス時などのように、愛車を高く売りやすい時期というのはあります。

    市場で需要がアップするときには需要と同時に買取の相場も上がるのです。

    そうは言っても、愛車を手放そうと考えたときがこれらの時期とかけ離れているときには、これらのタイミングまで待った方が良いわけではないのです。

    じっさいの売却時期が遅くなれば車の全式も当然ながら進んでいきます。

    買取相場が高くなる恩恵を受けるよりも、年式が進むことによる価格下落幅の方が大きくなることだって多いに予想できるのです。

    車を持っている人なら入ることが義務付けられている自賠責保険ですが、これはある条件を満たしていれば車を引き払う際に保険金の還付を受けることが可能なのです。

    一定の条件というのは、廃車にする場合で、自賠責保険の有効期限が一ヶ月以上残っている時です。

    廃車にせずに車を売却するときは還付されないのです。

    それから、戻ってくるお金がある場合にも手続きなしに入金されるという事はないのです。

    保険会社に対し自らが手続きを行ってはじめて保険金が戻ってきます。