トップページ

    このサイトではカスタムカーの査定額が比較できるおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「カスタムカーの査定相場をチェックして高く買い取ってくれる専門店に売りたい。」ということを思っているなら以下で紹介しているオススメの車買取業者でリサーチしてみてください。

    カスタムカーを高く売るためにやるべきことは「何社かの車買取業者でカスタムカーの査定をしてもらって、その査定額を比較する」ということです。1つの買取業者のみとか近所のディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら確実に損をするのでやめておきましょう。

    車買取の一括査定なら2分位で入力できるので時間がかかりません。複数の車買取会社からの査定額を比べられるので、カスタムカーの査定相場を知って高く売ることができますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる車一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーという人もいるくらい有名なので安心感も抜群です。
    提携している業者も1000社を超えて断トツの多さ!最大50社にカスタムカーの査定の依頼をすることが可能。

    中古車の一括査定サービスは利用すると多くの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    もちろん、全国対応で使うのはタダ。

    「カスタムカーを高く売りたいから査定相場を調べたいけど、電話で営業されるのは…」と感じているならメール連絡で査定額の回答をしてくれるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐに今あなたが乗っているカスタムカーの査定相場が分かる上に、個人情報が他社に渡らないので、電話連絡はユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで入札金額を提示するので、カスタムカーを高く買い取ってくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込みをすると多くの業者から電話が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応で忙しくなることもないですし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。
    カスタムカーの実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話も査定も1回きりで約2000社の車買取業者が入札で買取価格を表示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車査定一括サービスです。わずか45秒もあれば入力ができますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算相場が分かるので、「自分が乗ってるカスタムカーの査定相場ってネットで分かるの?」と思っているならおすすめします。

    査定依頼後は複数の業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした提携業者だけが登録していますので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    車買取業者から電話があった時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることでカスタムカーの高価買取が可能になります。

    約10社の買取業者がカスタムカーの見積もり査定をしてくれるので、最高の買取価格を出してくれた業者にあなたが愛用してきたカスタムカーを売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の査定相場が分かる人気の車一括査定サイト。提携業者は200社以上あり、その中から最大で10社があなたが愛用したカスタムカーを査定します。できるだけ多くの会社に査定額を出してもらうことで買取金額の違いや相性を比較することが可能になるので、複数業者に査定依頼をして時間とお金をかけてきたカスタムカーをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。累計利用者数100万人以上の実績もありますし、カスタマーサポートもありますので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、その名称から分かる通り外車に特化した中古車買取店です。
    外車や輸入車に特化して15年以上の実績があり、年間取扱台数は輸入車だけで約1500台。地方にも対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車に特化した中古車買取店なので、外車のカスタムカーであれば他の買取店より高く売ることができることがあります。
    なので、あなたが売りたいのがアメリカやイタリア、ドイツなどの輸入車のカスタムカーであればまずはランキング上位の車買取の一括査定サービスを利用して買取査定額を調べてみてください。

    複数の買取専門店に査定依頼をした後で、最終的に外車王に査定依頼をするのがおすすめです。買取相場よりも高い査定額を出してくれた時にはあなたが大切にしてきたカスタムカーを売却しましょう。






    車買取コラム

    なるべく丁寧に乗車していても付いてしまうほんの少しのへこみや薄い傷などは、多くはマイナス査定の対象にはなりませんので、さほど神経質に気にする必要はないでしょう。

    例えば、キズに爪が引っ掛かるほどのものや充分に分かる程度のへこみ、塗装がはがれていたりする場合にはマイナス査定になりますが、減額されるのが嫌だからと言ってたとえ自分で修理しても自分で直した費用に見合う金額が上乗せされることはないのです。

    大手の中古車販売店ではプロ用ではない一般者向けの車査定アプリケーションを発表しているのです。

    しかし、業界人に向けてリリースされた査定支援アプリもあるんです。

    この本格的なアプリは、中古車査定業務歴が深くなくてもこれを使用すれば査定がしやすくなるでしょう。

    専用機器とこの業務用アプリを同時に使うことで、査定対象車の査定以前に何か理由があって修理に出したことがあるかを一発でハッキリする機能が存在するケースが大半ですから凄いですよね。

    中古車買取業者といっても皆一様ではなくて、輸入車専門だったり、事故車や軽自動車を扱うなど、限定された種類の車の販売を得意とする、若しくは専門的に販売している店舗が存在します。

    一例を挙げると、売りたい車が軽自動車なら、やはり軽自動車の販売に長けている店舗に売却した方が高く引き取ってもらえる可能性が出てきますよね。

    このような特定ジャンルに特化した業者は一括査定サイトを利用した際に、他の業者よりもちょっと高い金額を表示してくるので、判別することができるでしょう。

    引き取れない、値段がつけられないと査定に来た業者に言われてしまった際は、次の選択肢は2つしかありません。

    そのまま廃車にするか、普通の中古車屋ではなく廃車専門の業者に査定してもらうかは、本人次第です。

    過走行車廃車専門の業者は引き取った車を単体で売ることはあまりなく、分解してパーツ単位として販売するといった手法で利益を得ています。

    そんな業態だからこそゼロ円査定されてしまった車でもそれなりの評価で値段をつけることが可能なのです。

    そのまま廃車に直行するより、こちらの方がオトクです。

    また、廃車手続きの代行も行なっています。

    訪問査定が済むと、どの業者も「今、契約を」と言うものです。

    いま決めてもらえたら金額を上乗せするといった熱心な営業が展開されますが、即断するのは間違いです。

    買取りのための査定では、複数業者の査定額を比較するのが好条件で買い取ってもらうための基本です。

    とりあえず多くの会社から見積りを出してもらい、見積り額が揃って相場がつかめたところで最良だと思う業者に連絡すれば良いだけです。

    たとえ車そのものは綺麗でも走行距離が10万キロを超えるとなると、よく過走行車と言われ、売却見積もりを依頼しても値段がつけられないなどというケースも多いです。

    車は命を預ける乗り物ですから、安全性を考慮して過走行車や事故車は敬遠されるのが普通です。

    そういったケースでは一般の中古車屋ではなく、過走行車や多走行車、事故車などを専門にしている会社に最初から依頼した方が良いです。

    あるいは次の車に乗換える際にディーラーに下取りに出すと、長期的な顧客獲得につながるわけですから、そこそこ値段をつけてくれることも考えられます。

    自動車を手放す手続きをする際には、車庫証明の書類はとくに必要とされません。

    しかしながら、新たに買った自動車に対しては、きちんと自動車を保管する場所を届け出る車庫証明書が必要になってきます。

    車庫証明の取得に関しては、販売店が代行してくれますが、自分で手続きすることもできます。

    ちょっと手間はかかりますが販売店側に手数料を支払わなくても構わないので、自分自身で車庫証明書を取りに行くのも良いかも知れません。

    手続きをするときには、前に乗っていた車はどうなったか説明しないといけないので、必要書類としては売買契約書が挙げられるでしょう。

    単純に考えても、自動車を買いたい人がたくさんいる時期の方が、自動車を売ろうと考えている人から見ても自動車を高く売るチャンスですね。

    車を買いたいという需要がアップすればするほど供給も必要になり、買取価格は自然と上がります。

    9月と3月は会社の決算月なので他の月よりも中古車販売店は売ることを重要視しますから、自動車売却時の価格交渉も自分に有利になるように行える場合が多いと言えます。

    さらに9月は、夏のボーナスの影響もあって順調な売れ行きを見せることが多いため売り時と言えるでしょう。

    親戚や家族が所有者として登録されている車も手間はかかりますが売れないことはありません。

    一般的な契約で必要とされる書類のほか、この場合は車検証に記載されている所有者の印鑑証明と、実印を押印した委任状、売主に車を譲渡したことを証明する譲渡証明書の3つが必要です。

    しかし所有者が既に亡くなっている際は、印鑑登録も無効になりますから単純にはいきません。

    ですから、運輸支局で移転登録を済ませ、車が新たな所有者のものとなった時点で売却が可能になります。

    一般的な売却と違い、亡くなられた方名義の車というのは必要書類も多く、かなり手間がかかると考えて間違いありません。