トップページ

    このサイトではカスタムカーの査定額が比較できるおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「カスタムカーの査定相場をチェックして高く買い取ってくれる専門店に売りたい。」ということを思っているなら以下で紹介しているオススメの車買取業者でリサーチしてみてください。

    カスタムカーを高く売るためにやるべきことは「何社かの車買取業者でカスタムカーの査定をしてもらって、その査定額を比較する」ということです。1つの買取業者のみとか近所のディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら確実に損をするのでやめておきましょう。

    車買取の一括査定なら2分位で入力できるので時間がかかりません。複数の車買取会社からの査定額を比べられるので、カスタムカーの査定相場を知って高く売ることができますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる車一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーという人もいるくらい有名なので安心感も抜群です。
    提携している業者も1000社を超えて断トツの多さ!最大50社にカスタムカーの査定の依頼をすることが可能。

    中古車の一括査定サービスは利用すると多くの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    もちろん、全国対応で使うのはタダ。

    「カスタムカーを高く売りたいから査定相場を調べたいけど、電話で営業されるのは…」と感じているならメール連絡で査定額の回答をしてくれるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐに今あなたが乗っているカスタムカーの査定相場が分かる上に、個人情報が他社に渡らないので、電話連絡はユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで入札金額を提示するので、カスタムカーを高く買い取ってくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込みをすると多くの業者から電話が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応で忙しくなることもないですし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。
    カスタムカーの実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話も査定も1回きりで約2000社の車買取業者が入札で買取価格を表示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車査定一括サービスです。わずか45秒もあれば入力ができますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算相場が分かるので、「自分が乗ってるカスタムカーの査定相場ってネットで分かるの?」と思っているならおすすめします。

    査定依頼後は複数の業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした提携業者だけが登録していますので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    車買取業者から電話があった時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることでカスタムカーの高価買取が可能になります。

    約10社の買取業者がカスタムカーの見積もり査定をしてくれるので、最高の買取価格を出してくれた業者にあなたが愛用してきたカスタムカーを売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の査定相場が分かる人気の車一括査定サイト。提携業者は200社以上あり、その中から最大で10社があなたが愛用したカスタムカーを査定します。できるだけ多くの会社に査定額を出してもらうことで買取金額の違いや相性を比較することが可能になるので、複数業者に査定依頼をして時間とお金をかけてきたカスタムカーをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。累計利用者数100万人以上の実績もありますし、カスタマーサポートもありますので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、その名称から分かる通り外車に特化した中古車買取店です。
    外車や輸入車に特化して15年以上の実績があり、年間取扱台数は輸入車だけで約1500台。地方にも対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車に特化した中古車買取店なので、外車のカスタムカーであれば他の買取店より高く売ることができることがあります。
    なので、あなたが売りたいのがアメリカやイタリア、ドイツなどの輸入車のカスタムカーであればまずはランキング上位の車買取の一括査定サービスを利用して買取査定額を調べてみてください。

    複数の買取専門店に査定依頼をした後で、最終的に外車王に査定依頼をするのがおすすめです。買取相場よりも高い査定額を出してくれた時にはあなたが大切にしてきたカスタムカーを売却しましょう。






    車買取コラム

    中古車の見積もり金額には、車の色もかなり重要になってきます。

    ホワイトおよびブラックは定番の人気色でいつでも需要が安定しているために、多少高めに見積もって貰える場合がほとんどです。

    逆にビビットカラーの赤や黄色などは好きな人は好きですが、嫌がる人もいますから、定番カラーよりも見積額をダウンさせられてしまう場合もあります。

    原色系は嫌われやすいと言っても、車の見積金額は中古車オークションの相場のタイミングにより上下しますので、その流行のタイミングによっては一定のカラーが査定で高値が付くことも充分考えられるのです。

    車の査定金額が下がる主要な原因は幾つか存在しますが、必ず大きく見積金額を下げてしまう原因になるのは、その車が事故や故障で修理歴があるということです。

    ものによっては査定金額が付かないところまで低下する場合もあるのです。

    しかしそうは言っても、故障および事故などで修理歴があると必ずしも「修理歴車」に分類されるという事は無く、その車の骨格部分にまでダメージが広がっていて、大きな損傷を修理した場合に修理歴車と呼称するのです。

    査定のプロである担当者にはいい加減な嘘をついても瞬時に分かるので止めた方が良いでしょう。

    修理歴のある車だったり事故を起こしたことがある車なのに、これらが理由で低い見積もりを出されたくなくて嘘はちょっと調べれば直ぐに判別がつきますし、ウソをついてしまったという事実があるとスタッフに「この人は信用出来ない」と思われて当然でしょう。

    その結果として、通常よりも低めの査定額を付けられてしまう可能性も起こっても仕方ありませんから、話しにくいことでも正直に隠さずに伝えた方が良いということがお分かりでしょうか。

    自分自身で車を運転して、中古車の買取りを行っている店に行って直接査定してもらおうと思っているなら、もしかすると待つことになる可能性はあるものの、飛び込みOKというところが多いです。

    但し、持ち込んだ一社にしか査定してもらえませんから、基準となる相場もわからないまま価格交渉に臨むことになります。

    つまり本来の価値より低い価格で売ってしまう可能性もあるわけです。

    出張査定で複数の業者に来てもらう方が相場もわかり、愛車を高く売ることができるのは間違いありません。

    実車査定に来た業者は決められたシートにのっとって中古車の価値を算定します。

    その項目が基準点からどれだけ良いか悪いかを見た上で、主観の入りにくい公平な価格が導き出されるのです。

    では、具体的にどのようなところがチェックされるのかというと、車体のヘコミ、キズ、過去の事故歴と修復歴、走行キロなどで、当然ながらメーター付け替えは違法です。

    専門家は多数の車を見てきていますし、事故歴や修理の痕を隠そうとしてもバレずに済むはずがありません。

    いつにもまして念入りに車内の掃除をしたり、査定前に洗車していようと、見積額がプラスになることはありません。

    所有者がする程度の掃除なら、後々業者の手で行うことも可能なのですから、無理もありません。

    ただ、直接的ではないものの、良いこともあるのです。

    実写査定の際に車がきれいになっていると、業者も悪い気持ちにはなりませんし、大事にしてきたのだと思うでしょう。

    車の値付けや取引をしているのは人間ですから、相手の心証次第で買取額が上向きになる可能性はあるでしょう。

    自分の車を売りに出すときに、そのまま現金で持ち帰りたい人の場合は、即金に対応している買取業者を探してください。

    大きく即金対応可能と宣伝している業者ばかりでなく、中には相談すれば即金対応してくれるところもあります。

    でも即金で対応してもらうと言うことは、自分の足元を見られることになり、低めの見積額しか出してくれなくなる可能性が高いのです。

    現金をすぐに手にしたいのか少しでも良いから高く売却したいのか、どちらの方が自分の考えに近いのかよく考え、一円でも高く売却したいならばすぐにお金を手にすることばかり固執するのはマイナスと言えるでしょう。

    中古自動車を見積もり査定に持って行く前に丁寧に洗車しておくと、間接的ではありますが少しでも高く売るために有用です。

    現実的にはピカピカに洗車してあってもそうでなくても、査定基準的にはあまり影響を及ぼさないのです。

    査定額に直接影響はなくても、丁寧に車を扱う人だと言うことを印象づけることは可能です。

    手荒に使っていた人よりも買取会社は信頼感がアップするでしょうから、査定結果も良くなって結果的に得をすることになります。

    親戚や家族が所有者として登録されている車も手間はかかりますが売れないことはありません。

    売買契約時に通常の書類一式に追加する形で、車検証に記載されている所有者の印鑑証明と、実印を押印した委任状、誰がいつ譲受人に譲渡したのかを記載した譲渡証明書の提出を求められます。

    しかし所有者が既に亡くなっている際は、こうした書類を揃えることは不可能ですから、売るためには名義人の移転登録をする必要があります。

    ケースバイケースではありますが必要書類の数も増えるのが普通で、売るのは簡単なことではありません。